2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日テレ版ドラえもん、実はフィルムは現存していた

現在放送されているテレビ朝日のアニメ『ドラえもん』。実はテレ朝版が始まる6年前に、日本テレビで一度アニメ化されているということは、なんとなく知っている人も多いのではなかろうか。その日本テレビ版の『ドラえもん』は、原作者の藤子・F・不二雄氏が出来を快く思っていなかったことや、ネガフィルム・ポジフィルム共に散逸してしまってしまったため、公の場では見ることができないとされている。

しかし、衝撃的な事実が判明した。実は行方不明とされていた日テレ版『ドラえもん』のネガフィルムが、当時現像を担当していた東洋現像所=今のIMAGICAに現存していたことが明らかになった。これは、先日発売された「映画秘宝」7月号で、『封印作品の謎』の著者である安藤健二氏が新連載「封印作品の憂鬱」の記事で明らかにしたもので、実際にはオープニング、エンディングと最終話を含む16話分の本編のフィルムが現存していたという。

このほか、記事には、日テレ版『ドラえもん』の視聴率の推移を表したグラフが掲載されている(ちなみに平均視聴率は6.6%だった。)ほか、2004年に日本テレビの『特命リサーチ200X』のスペシャル版で日テレ版ドラの再放送の計画があったことも明かされている。そして記事の終わりでは、アニメ制作を手がけた「日本テレビ動画」の意外な出自が明らかになったと伝えており、詳細は9月号(7月21日発売)にて追って伝えるという。

マイナスイメージを持たれた感のあった日テレ版『ドラえもん』だが、ここに来て、次々と明るみになった新事実。日テレ版ドラえもんが復活する日も近い?

映画秘宝 2007年 07月号 [雑誌] 映画秘宝 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/05/21)
洋泉社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

«  | HOME |  »

サイトポリシー

このブログについて

プロフィール

二代目中人半波

Author:二代目中人半波
名前:二代目中人半波
年齢:2?
性別:男
2006年4月、初代中人半波が開設。
その後すぐに、のちの二代目である私が運営に加わり、共同で当ブログを運営。
2006年11月、初代中人半波が多忙のため勇退。
私が二代目中人半波を襲名し、現在に至る。

二代目襲名以降の累計ヒット数は、初代在任期間中の累計ヒットを遥かに超えていると思います(たぶん。)

最新の記事

カテゴリー

クリック募金

このブログの価格

ブログ内検索

タグリスト

情熱大陸 鉄子の旅 藤子不二雄 地球へ・・・ 声優アワード クレヨンしんちゃん 土6 アニメ MBS コミックボンボン リクナビ ガチャピン 伊東昭光 京都アニメーション 主題歌 機動戦士ガンダム00 ポッシボー 鉄道 THE 古谷徹 山本弘 池田秀一 BPO 東京ゲームショウ2007 上野樹里 検索ちゃん 杉並アニメーションミュージアム ジョニー・デップ Yahoo! 冨澤風斗 土曜プレミアム 東京国際アニメフェア 原恵一 オバケのQ太郎 松田聖子 東京ヤクルトスワローズ 松風雅也 電脳コイル パプリカ トンデモ偉人伝 文化庁メディア芸術祭 PS2 BSマンガ夜話 最終話 中江真司 瑛太 細田守 名探偵コナン 20万の亡霊 漫画 ヱヴァンゲリヲン 玉木宏 熱血!コロコロ伝説 朴ロ美 ハロプロ 鉄コン筋クリート ネット 高橋名人 特急田中3号 モリのアサガオ 地獄少女 日本テレビ タテタカコ つんく 千秋 ソニーミュージック マスコミ シンエイ動画 時をかける少女 黒木メイサ やらせ PASH! 能登麻美子 視聴率 古田敦也 天保異聞 新魔界大冒険 らき☆すた 大山のぶ代 おおきく振りかぶって ブログ 養老孟司 サマータイムマシン・ブルース ALWAYS続・三丁目の夕日 サイゾー バッテリー 柿原徹也 ベクシル―2077日本鎖国― 諏訪道彦 本広克行 妖奇士 餘部鉄橋 沖縄 桶谷顕 デイリースポーツ 曽利文彦 テレビ朝日 フジテレビ 野球 コードギアス反逆のルルーシュ ディズニー デジハリ 秒速5センチメートル キネマ旬報ベストテン 安達元一 ドラえもん プロ野球熱スタ2007 結界師 河童のクゥと夏休み 映画秘宝 同人誌 WiiSports ドラえもんズ ガンダム 放送倫理 森口博子 RHYMESTER 

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。