2006-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷育江さん、仕事復帰

今年1月より、体調不良のため休業していた声優の大谷育江さんが、現場に復帰したことが明らかになった。『ワンピース』のチョッパー役は、5月21日放送からの復帰となり、『名探偵コナン』の光彦役ほかも復帰する予定である。

大谷さんは、『ポケットモンスター』のピカチュウ役や『金色のガッシュベル』ガッシュ・ベル役など、いずれも子供たちに多大な人気を集めているアニメにレギュラー出演していたが、1月頃から体調を崩し休業。休業中は、伊倉一恵さんや折笠愛さんらが代役を務めていた。主演作であった『金色のガッシュベル』は、大谷さんの復帰を待たずして放送が終了。今年のGWに公開された名探偵コナン10周年記念作品の『探偵たちの鎮魂歌』も出演を見送ることになり、ファンにとっては残念な結果となった。

人気アニメのキャラクターを演じていた大谷さんだけに、今回の休業には多くのファンが心配し、一日も早い復帰が待ち望まれていた。この休業劇で、改めて大谷さんの存在の大きさをうかがい知ることになったのは言うまでもないだろう。
スポンサーサイト

SEED最新作「STARGAZER」、7月からネット先行配信

バンダイナムコグループの(株)バンダイ、(株)サンライズ、バンダイビジュアル(株)、(株)バンダイチャンネルは、人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの最新作として、『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-』を、2006年冬のDVD発売に先駆けて、7月からバンダイチャンネルで先行配信することを発表した。ガンダムシリーズの最新作がネットで先行配信されるのはこれが初めてとなる。

『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-』は、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズの舞台であるコズミック・イラの世界観のもと、新たな登場人物やモビルスーツ、ストーリーで描かれる45分の新作オリジナルアニメ。スタッフには、『SEED』シリーズで絵コンテを担当した西澤晋氏が監督を務めるほか、メカニックデザインに大河原邦男氏、キャラクターデザインに大貫健一氏など、『SEED』シリーズのメインスタッフが参加。
注目のキャスト陣は、セレーネ・マクグリフ役を大原さやか(『XXXHOLiC』壱原侑子役)、スウェン・カル・バヤン役を小野大輔(『涼宮ハルヒの憂鬱』古泉一樹役)、ソル・リューネ・ランジュ役を福山潤(『XXXHOLiC』四月一日君尋役)が演じる。

『STARGAZER』は7月からバンダイチャンネルにて毎月15分ずつ3ヶ月にわけて配信を実施する予定。公開時期、価格等は今後、『STARGAZER』の公式ホームページにて随時発表される。


参照記事:日経プレスリリース「バンダイナムコグループ4社、新作ガンダムの映像作品を7月からネット先行公開

ガンダムSEED、劇場映画化へ

大人気を集めている『機動戦士ガンダムSEED』シリーズが、劇場映画化されることがわかった。監督はTVシリーズに引き続き、福田己津央氏が務める予定だが、公開時期、内容などの詳細については、発表されていない。

『SEED』シリーズは、2002年10月にMBS・TBS系列で放送開始。「21世紀のファーストガンダム」と銘打って作られた本シリーズは、女性ファンを中心に人気を集め、T.M.Revolutionらが歌った主題歌が、オリコンチャート上位に入るなど、社会現象にまでなった。昨年10月に、続編である『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』が終了したが、その人気は未だ衰えず、さらなる続編を求める声も少なくなかった。今回の映画シリーズは、『DESTINY』からの続編となる模様である。

ガンダムシリーズの劇場映画は、つい最近『機動戦士Zガンダム3部作』が公開されたが、完全オリジナルとしては、1991年の『機動戦士ガンダムF91』以来のことである。スクリーンで、フリーダム、ジャスティスの暴れる姿が見られるのか、そして興行面でもどれだけのヒットを飛ばせるのか、注目が集まる。


参照記事:アニメ!アニメ!ニュース「機動戦士ガンダムSEED 映画化決定
参照サイト:“X”plosion GUNDAM SEED

初代オバQ声優、曽我町子さん死去

人気アニメ『オバケのQ太郎』で主人公のQ太郎を演じた女優の曽我町子さんが、7日未明に東京都国立市の自宅で亡くなった。68歳だった。

曽我さんは1961年に、NHKの人形劇『チロリン村とくるみの木』で声優としてデビュー。1965年からTBS系で放送された、藤子不二雄原作のアニメ『オバケのQ太郎』では、主人公のQ太郎を演じ、子供たちから多大な人気を集めた。女優としても、『太陽戦隊サンバルカン』や『恐竜戦隊ジュウレンジャー』といったヒーロー戦隊ものの特撮にも出演し、主に敵役の魔女などを演じ好評だった。また女優業の傍らで、国立市内で骨董品店も経営していた。


参照記事:毎日新聞「訃報:曽我町子さん68歳=「オバQ」初代声優

«  | HOME |  »

サイトポリシー

このブログについて

プロフィール

二代目中人半波

Author:二代目中人半波
名前:二代目中人半波
年齢:2?
性別:男
2006年4月、初代中人半波が開設。
その後すぐに、のちの二代目である私が運営に加わり、共同で当ブログを運営。
2006年11月、初代中人半波が多忙のため勇退。
私が二代目中人半波を襲名し、現在に至る。

二代目襲名以降の累計ヒット数は、初代在任期間中の累計ヒットを遥かに超えていると思います(たぶん。)

最新の記事

カテゴリー

クリック募金

このブログの価格

ブログ内検索

タグリスト

柿原徹也 つんく キネマ旬報ベストテン サイゾー オバケのQ太郎 養老孟司 タテタカコ 文化庁メディア芸術祭 曽利文彦 時をかける少女 ガチャピン 森口博子 サマータイムマシン・ブルース モリのアサガオ Yahoo! 鉄道 漫画 BPO 特急田中3号 瑛太 PASH! 放送倫理 おおきく振りかぶって 検索ちゃん アニメ 東京国際アニメフェア THE 河童のクゥと夏休み 結界師 池田秀一 天保異聞 松風雅也 名探偵コナン 上野樹里 東京ゲームショウ2007 MBS 大山のぶ代 PS2 地球へ・・・ ソニーミュージック 杉並アニメーションミュージアム 情熱大陸 古谷徹 山本弘 高橋名人 安達元一 鉄子の旅 デイリースポーツ 原恵一 主題歌 ブログ ディズニー トンデモ偉人伝 細田守 中江真司 諏訪道彦 パプリカ 新魔界大冒険 桶谷顕 ALWAYS続・三丁目の夕日 RHYMESTER 地獄少女 リクナビ らき☆すた 土曜プレミアム やらせ 沖縄 BSマンガ夜話 機動戦士ガンダム00 映画秘宝 デジハリ 秒速5センチメートル クレヨンしんちゃん WiiSports コミックボンボン ジョニー・デップ 熱血!コロコロ伝説 妖奇士 マスコミ 本広克行 日本テレビ ドラえもん 視聴率 東京ヤクルトスワローズ 冨澤風斗 電脳コイル 朴ロ美 20万の亡霊 千秋 餘部鉄橋 同人誌 ベクシル―2077日本鎖国― ネット 古田敦也 黒木メイサ 最終話 鉄コン筋クリート 玉木宏 野球 松田聖子 ヱヴァンゲリヲン 藤子不二雄 京都アニメーション コードギアス反逆のルルーシュ ハロプロ ドラえもんズ バッテリー フジテレビ 土6 ポッシボー ガンダム プロ野球熱スタ2007 声優アワード テレビ朝日 伊東昭光 能登麻美子 シンエイ動画 

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。