2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞がアニメ・マンガ・ゲームの総合情報サイト開設

毎日新聞社は、27日からアニメ・マンガ・ゲームの総合情報サイトとして「まんたんウェブ」の運営を開始した。同社によれば、「マンガ、アニメ、ゲームなど日本が世界に誇るコンテンツをジャーナリスティックな視点と綿密な取材に基づいて伝えるプロジェクト「まんたん」が運営するメディア」の一つとして、この「まんたんウェブ」を位置づけているという。

全文を表示 »

スポンサーサイト

自然体の姿を見た『時をかける少女』

時をかける少女』 2006年製作・日本

筒井康隆のジュブナイル小説で、原田知世主演、大林宣彦監督による映画版も人気を集めた名作のアニメ映画化である。監督は『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』で、その巧みな演出で多くのアニメファンを驚かせた細田守氏。かつて、『ハウルの動く城』の監督として、スタジオジブリから招請されながらも、結局、宮崎駿氏に監督を取られてしまったというのは、業界では有名な話。皮肉にも、スタジオジブリの『ゲド戦記』とほぼ同時期の公開となり、因縁の対決が実現した。

全文を表示 »

『オトナ帝国』『戦国大合戦』の原点。原監督デビュー作

『エスパー魔美 星空のダンシングドール』 1988年製作・日本


藤子・F・不二雄原作の『エスパー魔美』の劇場版としてよく知られている作品だが、同時に『クレヨンしんちゃん』シリーズの原恵一監督の映画デビュー作でもあり、のちの『オトナ帝国』『戦国大合戦』への礎となった作品と言っていい。ストーリーは、原作の「人形が泣いた?」を基にしており、展開こそは原作どおりとなっているものの、人形劇団を率いるのがおじいさんから若い男女に差し替えられ、その上、オリジナルストーリーとして彼らの物語を組み込み、原作のプロットの良さと原監督の作家性が見事に融合した傑作となっている。


全文を表示 »

ドラえもん映画最新作、脚本に真保裕一氏

来年3月に公開予定のドラえもん映画最新作、『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い』の脚本を、『ホワイトアウト』『奪取』などのベストセラーで知られる、人気小説家の真保裕一氏が手がけることが明らかになった。国民的人気アニメと気鋭の小説家の強力タッグは、来年の春映画の注目を集めそうだ。


全文を表示 »

テルーだけじゃない!ここにも癒しの主題歌が。

okuhanako.bmp

今年の夏、期待のアニメ映画といったら、やっぱり宮崎吾朗監督作品の『ゲド戦記』だろう。だけど、中身そのものよりも、むしろ、挿入歌「テルーの唄」を歌った手嶌葵のほうに注目が集まってしまった感も否めない。よほど彼女の歌声がとても印象に残るもので、その透き通った歌声に多くの人たちが癒されたわけで…。

では、もう一つの期待のアニメ映画、細田守監督の『時をかける少女』はどうか。筒井康隆の人気小説の初のアニメ化ということで注目されているが、こちらの主題歌も『ゲド戦記』と同様、癒しの歌声を奏でてくれる。歌うのは、「テプコひかり」のCM曲や、「エキナカ」のCM曲を歌っている奥華子。「♪テプコひかりに決めたのは~♪」というCMソングは、関東地区の人にとっては、すっかりお馴染みだろう。

もっとも、かく言う私は関西人なので、奥華子のことはあまりよく知らない。一応、注目している映画の主題歌ということで、この『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」を実際に試聴してみた。軽快なリズムの「テプコひかり」とはうってかわって、しっとりとした曲調。小さい子供が歌っているかのように聞こえるが、単に子供っぽい声ではなく、むしろ母のような温もりを感じさせる透き通った歌声だ。その彼女の歌声をさらに活かしてくれるのが、シンプルなキーボードの音色。変な伴奏をつけるよりも、このほうが彼女の歌声に合っている。まさしく奥華子は、弾き語りをするために生まれたのではないか、そう思わされるほど、印象に残る曲であった。ほんの一部分しか聞いていないが、これはぜひフルで聞いてみたいものだ。

その奥華子のニューシングルは、7月12日に発売。そして、『時をかける少女』は7月15日から全国順次公開。しばらくはこの歌声から抜け出せない日が続きそうだ。



「日本のメディア芸術100選」Web投票が13日より開始

文化庁メディア芸術祭が、今年度で10周年を迎えるのを記念して、「日本のメディア芸術100選」を選定することが決まった。

「日本のメディア芸術100選」は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの部門ごとに、一般からのWeb投票に加え、メディア芸術祭の歴代受賞者や歴代審査委員、各ジャンルの専門家、有識者へのアンケートもあわせて実施し、日本を代表するメディア芸術100作品を選定する。投票の結果は、2006年10月上旬に、Webサイト「文化庁メディア芸術プラザ」にて発表され、2007年1月21日(日)~2月4日(日)に、東京・六本木の国立新美術館にて行われる「文化庁メディア芸術祭10周年記念企画展」にも出展される予定である。

投票は、2006年7月13日(木)からWebサイト「文化庁メディア芸術プラザ」にて受付開始(8月31日(木)まで)。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの部門ごとに10作品まで投票が可能となっている。
なお、回答者の中から抽選で100名に、文化庁メディア芸術祭10周年記念カタログ「日本のメディア芸術(仮称)」がプレゼントされる予定。

文化庁メディア芸術祭10周年企画アンケート 日本のメディア芸術100選

参照記事:「あなたの投票で選ぶアート・エンターテインメント・アニメ・マンガ、ベスト100」(ITMedia +D Games)

アニメーションREが休刊へ

昨年7月にインデックス・コミュニケーションズ(創刊当時インデックス・マガジンズ)より創刊された「アニメーションRE」が、売上不振を理由に休刊することが明らかになった。「アニメ心を取り戻すトリビュートマガジン」というコンセプトのもと、新たなアニメファン層の取り込みを狙った同誌だったが、創刊からわずか3号という短命に終わった。

「アニメーションRE」は、2005年7月22日に創刊。アニメ、ゲームに興味を持つ10代後半~20代のみならず、かつてのアニメ世代である30代~40代前半や社会人層もターゲットに入れ、「アニメージュ」や「ニュータイプ」とは異なった切り口での特集記事や、付録として毎号特典映像を収めたDVDがついているなど、その新しい試みに業界の注目を集めていた。「アニメージュ」「ニュータイプ」という二大アニメ雑誌から外れた読者層の取り込みが期待されていたが、3~4ヶ月に1回という不定期刊行や販売プロモーションの不十分さのためか、認知度はいまひとつの感も否めず、今回の休刊につながったものと思われる。
インデックス・コミュニケーションズは、マッド・ハウスを傘下にもち、タツノコプロダクションにも出資しているインデックスグループの一社であり、同誌を活用してのコンテンツ展開も期待されただけに、残念な結果となった。

「ニュータイプ」「アニメージュ」とは異なる観点からアニメ・ゲームを取り上げる雑誌には、このほかにも日経BP社の「日経キャラクターズ」が、ビジネス的観点から取り上げることで注目を集めているが、同誌は今年に入ってから隔月刊から、3ヶ月に1回の季刊に切り替えており、こちらも思ったほどの成果が上がっていないことがうかがい知れる。また、創刊号の表紙を民主党の鳩山由紀夫氏が飾ったことで話題を集めた、オタク系総合雑誌の「オタクエリート」も、創刊早々に出版元のビブロスが倒産し、事実上の休刊状態になっている。

昨年は「萌え」が流行語大賞に選ばれ、オタク文化が伸びている印象を受けているが、それとは裏腹に新たなコンセプトを打ち出したアニメ雑誌がうまくいっていないこの現状は、アニメファン人口がさほど変化していないということを表していると思われる。新たなアニメファンの取り込みを図ることが、今後のアニメ界において重要な課題といえるが、現状その取り組みがうまくいっていない以上、アニメ界は危機的状況にあると言えるかもしれない。

参考記事:「アニメーションRE休刊へ(6/30)」(Anime! Anime! News)

«  | HOME |  »

サイトポリシー

このブログについて

プロフィール

二代目中人半波

Author:二代目中人半波
名前:二代目中人半波
年齢:2?
性別:男
2006年4月、初代中人半波が開設。
その後すぐに、のちの二代目である私が運営に加わり、共同で当ブログを運営。
2006年11月、初代中人半波が多忙のため勇退。
私が二代目中人半波を襲名し、現在に至る。

二代目襲名以降の累計ヒット数は、初代在任期間中の累計ヒットを遥かに超えていると思います(たぶん。)

最新の記事

カテゴリー

クリック募金

このブログの価格

ブログ内検索

タグリスト

大山のぶ代 BSマンガ夜話 漫画 情熱大陸 諏訪道彦 電脳コイル 秒速5センチメートル 京都アニメーション PASH! パプリカ 同人誌 視聴率 藤子不二雄 天保異聞 MBS BPO 松風雅也 文化庁メディア芸術祭 プロ野球熱スタ2007 タテタカコ ガンダム コードギアス反逆のルルーシュ 冨澤風斗 能登麻美子 フジテレビ 検索ちゃん モリのアサガオ デジハリ やらせ ディズニー 池田秀一 曽利文彦 河童のクゥと夏休み トンデモ偉人伝 玉木宏 沖縄 ALWAYS続・三丁目の夕日 テレビ朝日 妖奇士 瑛太 映画秘宝 ポッシボー 森口博子 ドラえもん 結界師 マスコミ 鉄子の旅 20万の亡霊 声優アワード 鉄道 桶谷顕 ハロプロ 野球 PS2 松田聖子 主題歌 山本弘 デイリースポーツ バッテリー ブログ 原恵一 ネット 黒木メイサ つんく 機動戦士ガンダム00 高橋名人 千秋 中江真司 ソニーミュージック 熱血!コロコロ伝説 RHYMESTER 地球へ・・・ 細田守 サマータイムマシン・ブルース 名探偵コナン ガチャピン 土6 Yahoo! ヱヴァンゲリヲン 最終話 シンエイ動画 養老孟司 サイゾー 安達元一 THE 時をかける少女 WiiSports コミックボンボン 鉄コン筋クリート 放送倫理 古谷徹 餘部鉄橋 リクナビ 朴ロ美 アニメ 柿原徹也 ベクシル―2077日本鎖国― 特急田中3号 日本テレビ 地獄少女 土曜プレミアム オバケのQ太郎 東京国際アニメフェア ジョニー・デップ 新魔界大冒険 古田敦也 クレヨンしんちゃん 東京ゲームショウ2007 キネマ旬報ベストテン らき☆すた おおきく振りかぶって 杉並アニメーションミュージアム 伊東昭光 東京ヤクルトスワローズ ドラえもんズ 本広克行 上野樹里 

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。