2018-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画評『河童のクゥと夏休み』

『河童のクゥと夏休み』 2007年製作・日本


『クレヨンしんちゃん』シリーズの『オトナ帝国の逆襲』、『アッパレ!戦国大合戦』で、大人たちにも感動を与えた、原恵一監督の待望の最新作。『オトナ帝国』『戦国大合戦』で泣かされた身としては、早く原監督の最新作が見たいとずっと思っており、待ちに待ったという感じである。

原作は小暮正夫の児童文学。江戸時代の河童が現代に蘇り、そこで巻き起こる騒動を描いているが、そこから原監督自身がオリジナルの要素を加えて、大幅に脚色している。「日常」のなかに、「非日常」の河童が入り込むというあたり、原監督が好きだと言う藤子・F・不二雄作品に通じるところがある。それゆえか、随所に『ドラえもん』や『エスパー魔美』を彷彿とさせるエピソードや演出がちょろちょろ出てくるわけで・・・。(クゥに刺身を与えるあたりは『のび太の恐竜』だし、オッサンの過去なんて『ドロン葉』だし、マスコミが大騒ぎするところなんて『ウソ×ウソ=パニック』だよなあ・・・。他にもあるかも。)


しかし、そんな少し不思議な世界観もさることながら、原監督の凄いところは、「日常」を緻密に、丁寧に描いているところにある。これまでのアニメ映画であれば、ほぼ間違いなく描かれないであろう人物描写や何気ない行動までも、ここまでやるかと思うぐらい丁寧に描き、時にはそれをじっくりと見せる。アニメ映画でそれをやろうとしたら、退屈されるだろうと思われがちなのだが、しかし、この作品ではそんなことは一切感じない。むしろ飽きないくらいだ。若草恵氏の秀逸な音楽が効果的に使われ、まるで日本映画を観ているかのような錯覚に陥った。これこそ、原監督のやりたかった映画だったのだと感嘆させられる。最終的に3時間分の尺になってしまい、切らざるをえなくなってしまったのも頷ける。

もちろん、この作品の重要点は、オッサン、瞳、菊池紗代子という、三大脇キャラ(?)の思わぬ活躍ぶりにほかならない。彼らの姿に、ときには笑い、ときには涙し、ときには心を躍らせた人も多いだろう。さすがにここで改めて言う必要もなかろう。
とにかく、(ジブリじゃない)アニメ映画だからといって敬遠せず、とにかく観てほしい。
これはれっきとした「日本映画」である。
<あらすじ>
夏休み前のある日、康一が学校帰りに拾った石を洗っていると、中から河童の子どもが現れた。第一声から「クゥ」と名づけられた河童は人間と同じ言葉を話し、初めは驚いた家族もクゥのことを受け入れ、クゥと康一は仲良しになる。やがてクゥが仲間の元に帰ると言い出し、康一はクゥを連れて河童伝説の残る遠野へ旅に出る。(Yahoo!ムービーより)

<スタッフ>
監督・脚本:原恵一(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』)
原作:小暮正夫
音楽:若草恵(『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』)
キャラクターデザイン・作画監督:末吉裕一郎(『MIND GAME』)
主題歌:大山百合香「夏のしずく」
アニメーション制作:シンエイ動画(『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』)

<キャスト>
クゥ:冨澤風斗
上原康一:横川貴大
上原保雄:田中直樹(ココリコ)(『アルゼンチンババア』『逆境ナイン』)
上原友佳里:西田尚美(『ハチミツとクローバー』『Little DJ~小さな恋の物語』)
上原瞳:松元環季(『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~』)
菊池紗代子:植松夏希
オッサン:安原義人(『宇宙戦艦ヤマト』『天空の城ラピュタ』)
クゥの父親:なぎら健壱(『釣りバカ日誌10』)
キジムナー:ゴリ(ガレッジセール)(『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』)

<関連作品>
河童のクゥと夏休み 絵コンテ集 河童のクゥと夏休み 絵コンテ集
原恵一 (2007/07/27)
バジリコ

この商品の詳細を見る

アニメーション監督 原恵一 アニメーション監督 原恵一
浜野 保樹 (2005/07)
晶文社

この商品の詳細を見る

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
矢島晶子、ならはしみき 他 (2002/11/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック

http://amateurjournal.blog95.fc2.com/tb.php/128-b2a1dfac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「河童のクゥと夏休み」夏は手放し運転の自転車で駆けて行く

「河童のクゥと夏休み」★★★★オススメ原恵一 監督、脚本 まだ名古屋駅の前にミッドランドスクエアもなく、松竹座というせりだした二階席を持つ試写会以外満席になったのを見たことが無い映画館があった。アニメの優先順位が低いので自分がクレ...

河童のクゥと夏休み

アニメは好きだけれど、 テレビの宣伝で見るこの映画の絵に全く興味が沸かなかった。 しかし、 私の大好きな作品「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 」の監督、 原恵一氏の新作というならば話は別だ。 しかもこの映画は、 私が子供の頃に?...

«  | HOME |  »

サイトポリシー

このブログについて

プロフィール

二代目中人半波

Author:二代目中人半波
名前:二代目中人半波
年齢:2?
性別:男
2006年4月、初代中人半波が開設。
その後すぐに、のちの二代目である私が運営に加わり、共同で当ブログを運営。
2006年11月、初代中人半波が多忙のため勇退。
私が二代目中人半波を襲名し、現在に至る。

二代目襲名以降の累計ヒット数は、初代在任期間中の累計ヒットを遥かに超えていると思います(たぶん。)

最新の記事

カテゴリー

クリック募金

このブログの価格

ブログ内検索

タグリスト

ソニーミュージック 松田聖子 電脳コイル 藤子不二雄 Yahoo! ドラえもんズ 地獄少女 視聴率 細田守 中江真司 バッテリー テレビ朝日 千秋 らき☆すた 松風雅也 河童のクゥと夏休み 瑛太 つんく 桶谷顕 大山のぶ代 養老孟司 柿原徹也 地球へ・・・ 曽利文彦 新魔界大冒険 BPO ガンダム 鉄道 特急田中3号 東京国際アニメフェア コミックボンボン ドラえもん 沖縄 モリのアサガオ 山本弘 パプリカ プロ野球熱スタ2007 時をかける少女 土6 アニメ 名探偵コナン 秒速5センチメートル シンエイ動画 古谷徹 ハロプロ 能登麻美子 機動戦士ガンダム00 鉄子の旅 コードギアス反逆のルルーシュ タテタカコ 上野樹里 冨澤風斗 漫画 京都アニメーション 日本テレビ 主題歌 ディズニー ポッシボー ブログ 餘部鉄橋 高橋名人 BSマンガ夜話 キネマ旬報ベストテン 諏訪道彦 同人誌 鉄コン筋クリート PASH! トンデモ偉人伝 ベクシル―2077日本鎖国― 伊東昭光 20万の亡霊 オバケのQ太郎 サマータイムマシン・ブルース 本広克行 クレヨンしんちゃん フジテレビ ジョニー・デップ 文化庁メディア芸術祭 映画秘宝 土曜プレミアム マスコミ RHYMESTER 検索ちゃん 黒木メイサ 情熱大陸 PS2 玉木宏 妖奇士 リクナビ デジハリ 熱血!コロコロ伝説 ヱヴァンゲリヲン 東京ゲームショウ2007 原恵一 WiiSports MBS 古田敦也 THE 最終話 おおきく振りかぶって やらせ 森口博子 安達元一 声優アワード ガチャピン 放送倫理 結界師 ALWAYS続・三丁目の夕日 池田秀一 天保異聞 野球 デイリースポーツ サイゾー 杉並アニメーションミュージアム 東京ヤクルトスワローズ 朴ロ美 ネット 

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。