2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並アニメーションミュージアムに行ってみた

現在、400以上あるアニメスタジオのうちのおよそ15%、70あまりのアニメスタジオが集まっている東京都杉並区。『パプリカ』『時をかける少女』で世界からも評価されているマッドハウスや、『機動戦士ガンダム』シリーズでおなじみのサンライズも、ここ杉並区にスタジオを構えている。

こうした土地柄から、杉並区は平成12年度から「アニメの杜すぎなみ構想」を掲げてアニメ産業の発展支援に取り組み、その一環として平成17年3月5日に「杉並アニメーションミュージアム」をオープンしたのである。その杉並アニメーションミュージアムに行ってみた。

杉並アニメーションミュージアムこの「杉並アニメーションミュージアム」は、杉並会館の3階に作られている。そのため、外観はほとんど普通の市民会館と変わらない。一つ変わっているところといえば、両脇に人気キャラクターのプレートが飾られていることぐらいか。

館内に入ってみると、日本のアニメの歴史を年表で分かりやすく紹介した「日本のアニメの歴史」コーナー、フェナキストスコープ・ゾートロープなどアニメの原理を体験できる「アニメの原理」コーナー、アニメができるまでの工程を解説・アフレコ体験ができる「アニメができるまで」コーナーなどが展示されている。「アニメができるまで」コーナーでは、『機動戦士ガンダム』の富野由悠季監督、Production I.G.の後藤隆幸作画監督、東映アニメーションの行信三美術監督の仕事場も再現しており、名アニメーターの意外な一面もうかがい知ることができる。また、受付コーナー後ろの柱には、人気アニメーターや声優、漫画家などのサインが書かれている。

階段を上り、4階に上がるとそこでは特別企画展として「コロコロアニメ歴史展」が行なわれていた。今年で創刊30周年を迎えるコロコロコミックの歴史を振り返る内容で、『ドラえもん』や『ドッヂ弾平』、『ダッシュ四駆郎』『つるピカハゲ丸』などの生原稿や、連載当時に発売されていたキャラクターグッズなどが展示されていた。

正直言うと、常設コーナーはアニメファンだったら常識の範囲内であろう内容だったし、むしろ子供たちに知ってもらうための展示といったほうが良いだろう。残念なのは、特別企画展はもう少し内容の充実を図ってほしかったところ。展示スペースも狭く、点数も限られていたために、あまりの物足りなさを感じてしまった。

そんな中でも、十分楽しめたところといえば、アニメシアターとアニメライブラリーだろうか。アニメシアターでは、過去の名作アニメから最新作まで幅広く上映されていてワクワクさせてくれる。この日は、「コロコロアニメ歴史展」が行なわれていたこともあって、『ゲームセンターあらし』の第1話、第2話が上映されていた。GW期間中は、『おぼっちゃまくん』『つるピカハゲ丸』も上映されていたらしい。『おぼっちゃまくん』は当時大好きだっただけに残念だった。

アニメライブラリーでは、アニメ関連書籍や原作漫画本の閲覧のほか、アニメ作品のDVDも視聴できる。ここで好きなアニメ作品を見るのもいいが、アニメファン的にはアニメーションミュージアム限定のインタビューDVDを観ることをオススメする。芝山努、神山健治、山崎貴、首藤剛志、久保雅一など、ベテランから若手までの実力派アニメーターやクリエーター、プロデューサーへのインタビュー映像が収められており、貴重な話が聞けて必見だ。私も、この日は芝山努氏のインタビュー映像を視聴。デジタル化の進むアニメ製作についての話、「ドラえもん」映画についての話、亜細亜堂設立についての話など、これまで聞けなかったような話が聞けて実によかった。

「杉並アニメーションミュージアム」は、開館時間10:00~18:00(入館は17:30まで)、休館日は毎週月曜日および年末年始(12月28日~1月4日)(※祝祭日にあたる場合はその翌日が休館日)、入館料は無料。アニメシアター・ライブラリーの利用も無料なので、心行くまで楽しんでほしい。アクセス方法は公式サイトを参照。

杉並アニメーションミュージアム

トラックバック

http://amateurjournal.blog95.fc2.com/tb.php/93-cb1c4672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

サイトポリシー

このブログについて

プロフィール

二代目中人半波

Author:二代目中人半波
名前:二代目中人半波
年齢:2?
性別:男
2006年4月、初代中人半波が開設。
その後すぐに、のちの二代目である私が運営に加わり、共同で当ブログを運営。
2006年11月、初代中人半波が多忙のため勇退。
私が二代目中人半波を襲名し、現在に至る。

二代目襲名以降の累計ヒット数は、初代在任期間中の累計ヒットを遥かに超えていると思います(たぶん。)

最新の記事

カテゴリー

クリック募金

このブログの価格

ブログ内検索

タグリスト

文化庁メディア芸術祭 ドラえもん おおきく振りかぶって 土曜プレミアム デイリースポーツ 声優アワード 松田聖子 東京ゲームショウ2007 秒速5センチメートル 黒木メイサ 時をかける少女 上野樹里 柿原徹也 20万の亡霊 Yahoo! 検索ちゃん WiiSports 地獄少女 最終話 東京ヤクルトスワローズ THE 冨澤風斗 オバケのQ太郎 新魔界大冒険 PASH! テレビ朝日 大山のぶ代 山本弘 ヱヴァンゲリヲン サマータイムマシン・ブルース ディズニー ガチャピン ソニーミュージック サイゾー 天保異聞 情熱大陸 同人誌 鉄コン筋クリート トンデモ偉人伝 つんく 熱血!コロコロ伝説 松風雅也 バッテリー アニメ 京都アニメーション ドラえもんズ フジテレビ モリのアサガオ ALWAYS続・三丁目の夕日 デジハリ 名探偵コナン 視聴率 ガンダム 瑛太 ブログ 結界師 沖縄 タテタカコ MBS 古田敦也 ベクシル―2077日本鎖国― キネマ旬報ベストテン BPO リクナビ ジョニー・デップ 古谷徹 原恵一 クレヨンしんちゃん 池田秀一 パプリカ 日本テレビ 千秋 機動戦士ガンダム00 映画秘宝 本広克行 コミックボンボン 中江真司 曽利文彦 伊東昭光 コードギアス反逆のルルーシュ 諏訪道彦 らき☆すた 特急田中3号 東京国際アニメフェア 電脳コイル 朴ロ美 高橋名人 能登麻美子 野球 地球へ・・・ 玉木宏 BSマンガ夜話 鉄子の旅 シンエイ動画 杉並アニメーションミュージアム 主題歌 桶谷顕 安達元一 土6 森口博子 ハロプロ PS2 ポッシボー 餘部鉄橋 藤子不二雄 河童のクゥと夏休み 細田守 マスコミ ネット RHYMESTER 養老孟司 鉄道 漫画 妖奇士 プロ野球熱スタ2007 放送倫理 やらせ 

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。